お問い合わせ

JetStar(ジェットスター)で購入した航空券をキャンセルしたい場合

公式サイトトラブル

ぱらげです。

4月前半にオーストラリアのケアンズに行くの、それはそれは楽しみにしていました。
しかし、昨今のコロナウイルスの影響で状況はみるみる悪化。

最初はしばらく様子をみていましたが、入国制限措置(入国後2週間の自主隔離)から始まり、とうとう入国禁止措置まで取られることになってしまいました。これはさすがに諦めるしかありません。

JetStar(ジェットスター)のキャンセルリクエスト対応の流れ

キャンセルリクエスト申請

「そもそも航空券ってキャンセルできるのか?」

調べようとしていた矢先に予約先の航空会社JetStar(ジェットスター)からメールが届きました。

travel アラート

↓Google翻訳結果

「COVID-19(コロナウイルス)の結果として、2020年3月15日から5月31日までの旅行日を含むすべてのフライト予約で、クレジットバウチャーをキャンセルして受け取るオプションを提供していることをお知らせします。 2020年3月31日までに、フライトのチェックイン開始前にリクエストを行う必要があります。 既存のJetstar予約をキャンセルしてバウチャーをリクエストする場合は、下の[予約の管理]ボタンを選択してください。 ご想像のとおり、現時点では前例のないほど多くのコンタクトがあり、待ち時間が長くなっています。バウチャーをリクエストする最も簡単な方法はオンラインです。以下の手順に従ってください。 72時間以内に出発する場合を除き、すべてのお客様にご連絡を差し控えるようお願いいたします。これは、すぐに影響を受ける人々に焦点を合わせるのに役立ちます。」

キャンセルリクエストをする手順などはメール文章下部に記載があり、Manage bookingをクリック。

キャンセルリクエスト

予約番号などを入力します。

予約番号入力画面

予約状況を確認するマイページに遷移し、cancel requestのようなボタンがあるのでそれをクリックするという、作業はこれぐらいで簡単なものでした。

ひたすら待機

キャンセル申請をしてからしばらくすると以下のようなメッセージが届きました。

お待ちください

「今手続き中ですのでしばらくお待ちください」的な内容です。
「バウチャー発行まで最大14日ぐらいかかる」という記載があり「最大」と明記されていることからとりあえずキャンセルリクエストの希望は通るのだなと、この段階で少し安心ができました。

無事バウチャー発行完了

「Jetstar Flight Voucher」というタイトルのメールに添付されたバウチャーが無事届きました。

バウチャー

下部に「Voucher Number」の記載があり、次の予約時にこの番号を使うようです。
また、「Voucher Name」として自分の名前が記載されています。

クレジットバウチャーとは?

飛行機

ここまででだいたい察しがつきますが、どうやらJetStarの場合はキャンセルはできても、残念ながら現金での払い戻しはいないようです。(ビジネスクラスを「Max」というオプションをつけて購入した場合を除く)

JetStarでは払い戻しの代わりに、クレジットバウチャーを発行しています。
このクレジットバウチャーとはフライトバウチャーのことを指し、次回のチケット購入時などに利用ができます。
ちなみにこのクレジットバウチャーも基本的には一番安い運賃で購入した場合は発行できません。
今回の場合はあくまで、コロナウイルスによる特例措置ということになります。

JetStarの4つの運賃タイプとキャンセル対応可否↓

基本運賃(Starter)フレックスBizちゃっかりPlusしっかりMax
××

自分も一番安い「基本運賃(Starter)」で購入しました。

主な利用シーン:
ジェットスター運賃/座席指定・受託手荷物等オプション/各種税金・料金/各種手数料

フライトバウチャーの有効期限は?

基本的にJetStarでのフライトバウチャーの有効期限は半年(6ヶ月)のようですが、今回は特例のようで有効期限は1年となっていました。

有効期限は1年

としても、いつでも行けるわけではないですし、せっかくなら正直払い戻しの方がありがたい…

フライトバウチャーの現金化は可能?

残念ながら、送られてきたバウチャーと呼ばれるPDF添付資料をみると、Voucher Nameに本人の名前が記載されていることから、利用者は本人のみとなります。

フライトバウチャーの利用方法

ジェットスター よくある質問

参考:jetstar.com/jp/ja/help/articles/jetstar-flight-rewards-voucher

フライトバウチャーは2回に分けて使えないんですね…
今回自分と娘の2人で往復10万円分(代理店手数料含む)を払っているのでそれなりな金額です。

例えば「1回目は沖縄行きで利用し、余った分は2回目にどこか海外行く時にでも利用しよう」という使い方はできないということになります。

また、上手で記載の通り、バウチャーを利用して航空券を買う際はあくまでジェットスターの公式サイトからとなり、skyscannerなど格安航空券を一括比較したサイトから代理店経由で購入することができません。

正直自分はというと、航空会社のサイトから航空券を購入したことがなく、いつも格安航空券比較サイトから購入していました。その方が、その時期に合ったとにかく安い航空券に巡り会える確率が高いので…

この辺りにおいてはもう少しいい方法がないか引き続き調査し、進捗がありましたら追記したいと思います。

ただ、どのような形にせよ、こちらからリクエストをする前に航空会社の方からキャンセル申請について提案をしてくれるというのはありがたい話です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました