ぱらげって誰?

最終日!逆ナン失敗ロサンゼルス観光【アメリカ横断_34】

ハリウッド アメリカ横断

2014年2月から、24日間にわたるアメリカ横断旅行の記録です。

 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

皆さんこんにちは!

ぱらげです。
 
 
 
 
 
たった24日間のアメリカ横断日記まだ書き終わってないのかよ。。
もう3年になるっていうのに笑
 
 
 
 
 
それはそうと、
10月はさおりんとワイハに行ってきたのです。
 
 
 
 
 
ハワイとか典型的なリゾート地って感じで、未知なる場所に冒険しに行きたい私としては勝手になんとなく避けてたところがあったんですが、
 
 
 
 
 
ハワイすっげーサイコー!!!✨✨
「ハワイとか俗なやつらが行く所だ」とかほざいていたけど、私が悪かったです、ごめんなさい笑
 
 
 
 
 
 
 
太陽も、海も、ヤシの木も、自然も、人も、街も、お店も、全部がキラキラ!!
 
 
 
 
ハワイ4
 
ハワイ3
 
ハワイ2
 
ハワイ1

神々しいこのハワイの雰囲気おかげか日本で酷かった咳が一瞬で治りました!

 
 
 
 
 
これからも国内外問わずいろんな場所にでかけてパワーもらって生きていきたいな
 
 
 
 
 
 
 
ということで話長くなりましたが、
前回の続きです!
 
 
 
 
シティセンターホーテル
 
 
シティセンターホーテルの穏やかな朝
 
 
 
 
 
まだ昨日の光景が脳裏から離れない。
朝だし、さすがに夜よりはマシだと思うけどこれから外に出るのも少し怖いぐらい。
 
 
 
 
 
今日はロサンゼルス最終日。
そして、明日は日本に帰国する日。
 
 
 
 
 
思い残すことないように今日は思いっきり楽しもう!!
 
 
 
 
 
ということで意気込んでいる割には、行くところを全然決めていなかった2人。
 
 
 
 
 
お互い行きたいところを伝えても、なかなかマッチングせずに、徐々に険悪なムードが漂い始める。
 
 
 
 
 
お互い頑固なもんだから一歩も引かない。
 
 
 
 
 
 
とりあえず朝食を食べることに。
 
 
 
 
 
今日のメニューは、
シリアルやオートミール、コーヒー、ミルクなど。
 
 
 
 
 
いたって普通というか、期待通りのしょぼさ。
 
 
 
 
 
しかし!そこには、みずみずしくて美味しそうなジャパニーズガイ2人組もいた。
 
 
 
 
 
 
私たちは飛びついた。
 
 
 
 
 
 
アウンの呼吸で
「ご一緒してよろしいですかぁぁ??」
 
 
 
 
 
年は24ちゃい(≧∇≦)
今は大学生(結構有名な大学の医学部)で、今月末(3月)に卒業するらしい。
2人で卒業旅行がてらアメリカを旅しにきたとのこと。
 
 
 
 
 
グランドキャニオンすっげー感動したぁ!!
サンタモニカやばかったわぁ!!
 
 
 
 
 
キラキラした目で旅の思い出を語るボーイたち。
 
 
 
 
 
 
 
青いわぁー(≧∇≦)
 
 
 
 
 
そして、2人それぞれタイプは違うけどなかなかのイケメン。
しいていうなら、今風の芸能人で例えると福士蒼汰と三代目J Soul Brothersの今一隆二というところ。
 
 
 
 
 
というかこの子らもこんな宿に泊まってるなんて、なかなかやるじゃんホーテル!!
 
 
 
 
 
なんだかこの旅でいろんな経験をしたからか、久しぶりにこんなフレッシュで無害な日本の男の子達と会話できてすっごく癒されたのを覚えています。
 
 
 
 
 
 
私たちいつもはこんな肉食じゃないですよ!純情な乙女なのです。アラサーになっても。
 
 
 
 
 
爽やかボーイたちと爽やかに別れた私たち。
 
 
 
 
 
さて、部屋で作戦会議の続きでもしよう!!
 
 
 
 
 
「あー!なんで番号交換しなかったんだろう!!」
「今ならまだ間に合う!さりげなくまた通りかかれ!」
 
 
 
 
 
未練たらたらな会議も虚しく、朝食場には既に2人の姿はありませんでした。
 
 
 
 
 
人生のタイミングは1度きりなんですよね。。
 
 
 
 
 
ということで、私たちも出発!!
 
 
 
 
 
ロサンゼルス街中8
 
 
 
ロサンゼルス散策開始
ロスの中でも有数のショッピングモール、ハリウッドハイランドへ。
 
 
 
 
{013802FB-00E5-433B-A3A4-96B493890313}
 
ハリウッド!
 
 
 
 
 
 
ここで「LAなう」を実感したところで、
 
 
ロサンゼルス街中7
 
チャイニーズシアターへ。
 
 
 
 
 
マイケルジャクソンの手形を発見し記念撮影をした私達は長居せず次の場所へ。
 
 
 
 
 
チャイニーズシアター付近
 
ロスっぽい街並み。
ミッキーも自由きままにこんなところで出没。
 
 
 
 
 
さて、次なるスポットは唯一さおりと意見が一致したビバリーヒルズ。
ロスでの物件探しには欠かせない場所でしょ?
 
 
 
 
 
とか安ボロモーテルに泊まる私達だって夢見てみるww
 
 
 
 
ロサンゼルス街中6
 
てかビバリーヒルズってどうやっていくの?
バスで行けるの?
早くビバリーでパリスヒルトンになってパーリーピーポーしようぜ←
 
 
 
 
 
 
 
そんなミーハーな私達に、バス停で1人のおじいちゃんがキラキラした目で話しかけてきた。
 
 
 
 
 
「君達ジャパニーズかい✨」
 
 
 
 
 
「わしは日本が好きだ。日本のことなら結構知ってる」
 
 
 
 
 
 
しばらく話を聞いていると、このおじいちゃんどこかの大学の教授らしい。
 
 
 
 
 
 
何を専攻しているかは忘れたが、バスの中でも大きな声で威勢よく日本トークをかますおじいちゃん。
 
 
 
 
 
 
「アキラクロサワのセブンサムライの決闘シーンで〜なんたらかんたら」
「日本のセンゴクジダイではサムライが〜なんたらかんたら」
 
 
 
 
 
 
熱が入りすぎて目頭を抑えるぐらいの勢いで日本の歴史やら名映画について熱弁するおじいちゃん。
 
 
 
 
 
 
たまに人物の名前が出て来ないのか、
私達に回答を求めてくるおじいちゃん。
 
 
 
 
 
 
「あの、私達高校から世界史しかやってなくてですねぇ〜。。」
 
 
 
 
 
 
とは言えず、なんとかわかってる風を装い必死に共感してるがごとく眉間を寄せて頷く純日本人の私達。
 
 
 
 
 
 
 
バスの中で記念撮影までして、笑顔で満足げにバスを降りていったおじいちゃん。
 
 
 
 
 
 
どっと疲れた。。
なんかこう単なる気疲れとかではなく、本来語るべき日本人の私達が、不意打ちで外国人から日本の歴史を学ぶことになってしまったという不甲斐なさみたいなものも感じた。
 
 
 
 
 
 
帰国したら日本史勉強しよう。
と、ふと決意したあの時。
 
 
 
 
 
 
とりあえずビバリーヒルズに近いらしい場所でバスを降りた私達。
 
 
 
 
 
おなかすいてありついたチャイニーズレストラン。
 
 
 
 
ロサンゼルスの中華レストラン
 
中華スープがあったまる〜
 
 
 
 
 
 
店を出て地図を頼りにしばらく歩き続けていると
 
 
ロサンゼルス街中5
 
ビバリーヒルズにある高級ショッピング通り、
ロデオドライブにでたー!!
 
 
 
 
 
ロサンゼルス街中4
 
ロサンゼルス街中3
 
高級感ただようこの雰囲気ー!!
天気もいいしサイコー!
 
 
 
ロサンゼルス街中2
 
ロサンゼルス街中
 
ウィンドーショッピングでも楽しめる清々しい街並み!
スタバ片手に思う存分ビバリました
 
 
 
ディナーはこちらで
 
ロサンゼルスディナーをしたレストラン
 
ビバリーヒルズディナー4
ロスにちなんだカクテルをオーダー。
私が頼んだのは左側。
映画「プリティウーマン」でジュリアロバーツがシャンパン片手に苺を食べてるシーンにちなんだとか。
 
 
 
 
ほのかに苺の香りがして美味しい!
 
 
ビバリーヒルズディナー3
ビバリーヒルズディナー2
 
チャールストンのforever21で大人買いした時の花柄ワンピをこの日に解禁。
 
 
 
 
 
3年経つが、あれ以来一度も着ていないけれど笑
 
 
 
 
 
ビバリーヒルズディナー1
 
アメリカ横断の最終日ということで、ディナーも贅沢にしてみた。
 
 
 
 
 
「take a risk, take a chance, make a change」
 
 
 
 
 
この時さおりから教えてもらった言葉。
 
 
 
 
 
 
たまたま好きな洋楽歌手の話になり、さおりの好きなケリークラークソンの「Break Away」という曲の中に出てくる言葉だそう。
 
 
 
 
 
「たとえリスクをおかしても、思い切って行動におこす。すると道は開ける。」
 
 
 
 
 
こんな風に解釈してる。
 
 
 
 
 
 
たかがアメリカ横断かもしれないけど、この旅は私にとって、他人の目とか表面的な形式とかを一切抜きにして自分の心のままに行動した証だと思ってる。
 
 
 
 
 
「無職の状態で海外放浪なんて浅はかだ」
 
 
 
 
 
そんな意見もあったし、確かに直接キャリアに結びつかないし、お金も使うし危険な目にも合うかもしれない。
 
 
 
 
 
でもこの旅をきっかけに、自分の求めてるものが何なのかが前よりはっきりわかるようになった気がする。
 
 
 
 
 
思えば日本に帰ってから、必死に転職活動して、自分が心から求めてる仕事ができそうな会社に出会うことになった。
 
 
 
 
 
そこでは本当にいろんなことがあって。。
 
 
 
 
 
新規ビジネスの立ち上げ運営にアサインされたものの、何せまったくの未経験で結果もなかなかでず、上司に毎日いびられ、ある日のミーティングで逆ギレし舌打ちをしてクビになり、謝罪して戻され、とは言え結果は出ずに赤字ばかりでトイレで泣きまくって目を腫らしながらそれでも夜遅くまでひたすら仕事。
 
 
 
 
 
 
それでも、もう来るなと言われるまで絶対にしがみついてでもやってやると思った。
それは、今やっていることが自分にとって必要だと心から思えたから。
 
 
 
 
 
 
緩やかではあったけど、徐々にクライアント数や売り上げが伸びていき、1年半後、目指していたところに到達した。
 
 
 
 
 
 
そんな私も今妊娠5ヶ月。
 
 
 
 
 
まだまだキャリアもプライベートも人間性も発展途上。
これからも、いろんな人から意見や批判だって受けることがあると思う。
 
 
 
 
 
 
もちろん、それらもやみくもに突っぱねるのではなく、どーんと構えて受け止められる心を持った人間になりたい。
 
 
 
 
 
 
そして、1番に自分の直感とタイミングを信じたいと思ってる。
 
 
 
 
 
 
そう思えるようになったのも、この旅のおかげ。
 
 
 
 
 
 
超スローペースで未熟な旅日記にお付き合い下さりありがとうございました。
 
 
 
 
 
今後も旅に持って行って助かった物とか、後悔した物とかその他微力ながらに更新したいと思います
 
 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました