ぱらげって誰?

バイオハザードの世界!?ロサンゼルス初日【アメリカ横断_33】

シティセンターホーテル看板 アメリカ横断

2014年2月から、24日間にわたるアメリカ横断旅行の記録です。

 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ごきげんよう。

 
 
 
 
 
渋谷に来たら必ずと言っていいほど一蘭でラーメン食べるぱらです。
 
 
 
 
 
 
あいもかわらずな更新頻度で申し訳ないです
 
 
 
 
早速前回の続きいっちゃいましょう
 
 
 
 
 
{E0067C0D-DA4D-4F4A-93B8-3C1DE1896B36}
 
グランドサークルツアーからラスベガスに帰還。
 
 
 
 
 
 
キラッキラしとんな〜。
 
 
 
 
 
 
来る前はあんなに憧れていたラスベガスなのに、なんだか軽井沢から東京に帰って来ちゃった時みたいな寂しさを感じる。
 
 
 
 
 
{250A94A9-F0DC-47E1-B9F3-A509B721FDDB}
バス乗ってたら、マイケルもどきのオッさん登場。
 
 
 
 
 
持参のステレオから音楽を爆音で流し、突然激しく踊り出すオッさん。
 
 
 
 
 
 
だけど肝心のギャラリーは「またか」って感じでやけに冷静でシュールwww
 
 
 
 
 
ラスベガスバスの中
 
「ファーオ!!!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やっぱたまらんねラスベガス
 
 
 
 
 
 
 
翌日。
 
 
 
 
 
 
 
夕方からはロサンゼルスに移動なので、
ラスベガスでやり残したことをやってしまおう!
 
 
 
 
というわけで
 
 
 
 
カジノスロット
 
とりあえずスロット回してみた。
チキンなためブラックジャックとかそんなカジノ上級者みたいなことはやる勇気がない(金もない)ため、ほんの入り口だけかじってみる。
 
 
 
カジノをするぱらげ
 
 
 
サマになってる?
 
 
ショボい掛け金のため一瞬で終了。
 
SEXANDTHECITYカジノ
 
 
あ!SATC!
どんなカジノかはわからんが、主役4人を差し置いてちゃっかりビックが1番な件。
 
 
 
 
 
 
更にスケベな私たちはストリップショーも気になったけどこれは時間的にアウト>_<
 
 
 
 
ラスベガスのショッピングモール
 
ショッピングモール多いなぁ
 
 
 
ラスベガスのピザ
 
ラスベガスの美術館2
 
ラスベガスの美術館
ご飯からのアートギャラリー
 
 
 
ベラージオのロビー再び!さおりちゃんチラリ。
これ、ホテルの中ですよ?
 
 
ベラージオで荷物受け取り
 
 
 
中心街の近くにあっていろいろと便がいいベラージオ。
 
 
 
 
 
 
ここで預けたスーツケースを取りに行き、いざアメリカ横断最終地点、ロサンゼルスへ。
 
 
メガバスで移動
 
 
 
 
今まではアメリカ長距離バスの老舗、グレイハウンドバスでずっと旅してきましたが、今回は値段が圧倒的に安いメガバスで。
 
 
 
 
 
 
 
二階建てなんですな
 
 
 
 
 
 
しかし客層はグレハンもメガバスも変わらない。
相変わらずヘッドホンすらせずiPhoneから自慢のヒップホップを爆音で流してる例の輩がお決まりのように出没しイライライライラ笑
 
 
 
 
 
 
ブチ切れる寸前のブツブツ言っているさおりがちょっと面白かった
 
 
 
 
 
 
 
出発から6時間程度で到着。
 
 
 
 
 
 
 
 
ロサンゼルス!!
 
 
 
ロサンゼルス地下鉄
 
メトロで7th Street駅へ
 
 
 
 
 
 
予約したホテルがある場所なんですが、agodaでは宿泊費かなり安いし駅近だし中心街に近いしサイコー!みたいな評価が多かったもんだからそれなりに期待していったら
 
 
 
 
 
 
方向音痴な2人は迷うに迷ってようやく到着
 
 
 
シティセンターホーテル看板2
 
シティセンターホーテル看板
 
ホーテルってなんだホーテルって!
見るからにモーテルのモを変えただけじゃん!笑
 
 
 
 
 
 
ほがらかな受付のオッちゃんにチェックインしてもらう
 
 
 
 
 
 
 
一度モーテ…ホーテルにスーツケース置いてから、スーパーでご飯の買い出しへ出発。
 
 
 
 
 
もうあたりは完全に暗くなっている。
 
 
 
 
 
 
宿を出てしばらく歩いていると、
前方からふらふらしながら近づいてくる人影が。
 
 
 
 
 
 
目を凝らして見るとボロ切れを身にまとった中東系の中年女性のようだ。
 
 
 
 
 
 
ふとその女性はこっちに気づいたのか激しく近寄ってきてヒステリックに叫びながら金銭をせびり始めた。
目が血走っている。
 
 
 
 
 
 
普通に断るだけでは済まず腕を掴まれそうになり、咄嗟に2人で全力ダッシュ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
な、なんだあのおばちゃんは((((;゚Д゚)))))))
 
 
 
 
 
 
とりあえず目的地のスーパーへ歩き始めると、辺りはまるでさっきの危ないおばちゃんみたいな危ない人たちがうようよしている。
 
 
 
 
 
 
街角や駅の階段などにうずくまっていたり、彷徨っていたり
 
 
 
 
 
 
とにかく目が普通の人じゃない
歩き方もおぼつかない
それでいて、絶対に近づいたらいけない雰囲気
 
 
 
 
 
そんな人たちがそこら中にいる。
 
 
 
 
 
まるでバイオハザードのゲームの中に迷いこんでしまったようだ。
 
 
 
 
 
 
ドラック常習者なのか。
アルコール中毒者なのか。
 
 
 
 
 
 
近寄ってくるものならゴルゴ13のような目つきで睨みつけ、あとは競歩の選手並みのスピードで買い物を済ませ、宿に戻ろうとした帰り
 
 
 
 
 
 
再び道に迷ううちら(;´༎ຶД༎ຶ`)
 
 
 
 
 
 
さすがにもうこの辺なら覚えたし、大丈夫だよね♪と2人して余裕ぶっこいていたため地図は宿の中。
 
 
 
 
 
 
というか2人とも方向音痴な癖して根拠のない自信はあるもんだから余計に厄介だ。
 
 
 
 
 
 
とにかく誰かに道を聞かないと!
 
 
 
 
 
 
といっても周りはラリった危険な人物ばかりで、道を聞きに近づいた途端、羽交い締めにされて財布を盗み取られて翌日ボロボロになって路上で発見、なんてことにもなりかねない。
 
 
 
 
 
 
交番なんてものも見当たらず、途方に暮れていると、
遠くから同じくうつむき加減で猛烈な早歩きをしてくる1人の女性を発見。
 
 
 
 
 
 
道を聞くならあの人だ!!
 
 
 
 
 
 
すかさず道を尋ねようと声をかけると、案の定ビックリしながら立ち止まる。
 
 
 
 
 
 
 
仕事帰りのOLさんなのかな?
急いでそうなのに、私たちを目の前にするととても親切に教えてくれた。
方向音痴で申し訳ない
なんだか普通の人もいると知って少しホッとした笑
 
 
 
 
 
 
なんとか無事に部屋に戻った瞬間、緊張が途切れてなぜながお互いに爆笑!!
 
 
 
 
 
 
 
怖かった。
 
 
 
 
 
 
マジで怖かった。
 
 
 
 
 
 
 
あの人たちは一体なんなんだ。
どこから湧いてでたんだ。
 
 
 
 
 
 
調べると、実はこの7th streetから3th streetあたりはロサンゼルスの中でも1番治安の悪い場所の周辺で、
 
 
 
 
 
 
路上生活者や薬物中毒者による殺人や強盗、強姦、薬物売買などの犯罪の多発地域らしい
 
 
 
 
 
さおりの友達いわく、ロサンゼルス在住者ですらも絶対に近寄らない場所とのことである。
 
 
 
 
 
特に南側は更に危険らしい。
 
 
 
 
ってどんなやねん!!
 
 
 
 
 
 
ロサンゼルスっていうと、ビバリーヒルズとかセレブが住んでて、ベジタリアンで、朝食はエッグベネディクト食べてて、みんな穏やかですごく平和なイメージをもっていたけど、
 
 
 
 
 
 
それは単なるメディアに取り上げられている一部の世界。
 
 
 
 
 
 
ダウンタウンに暮らしている貧困層の人たちは、見知らぬ誰かに物乞いせざるをえない、何かに依存せざるをえない、窃盗せざるをえない。
 
 
 
 
 
 
そんな環境にいる人たちがいるということを知った。
 
 
 
 
 
 
サミュエルアダムスビール
 
ツアーの人に教えてもらったオススメビールを飲みながら気持ちを落ち着かせて眠りにつく。
 
 
 
 
 
 
 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました